手拭い

お久し振りです、こんにちわ zkao13

ブログ更新が大分ご無沙汰になっていました・・・ zkao01

最近私は手拭い集めにハマっています kim11

≪用途≫

江戸時代には、巾着などと同様に常に持ち歩いた必需品でもあり、おしゃれや粋や気風を演出するために、肩に掛けたり現在のマフラーのような用法で首に巻いたりして、個性をあらわす小間物としての装飾具でもあった。下記の記述において、2次利用以外では手拭はそのままの形で利用される。

【布巾】

食器を洗ったり水気を拭いたり、煤払いや掃除などの空拭きや水拭きに使われる。

【装身具】
  • 被り物
  • 帯・下帯
  • 晒 – 安産を祈る風習として妊婦の腹に巻いたり、渡世人の出入りや陰腹を切った武士が胴に巻いたり、女性が和服を着るときに大きな胸を隠すために巻いたりするのにつかわれる。
  • 前掛け – そのままにひっかけて、手拭きや着物が汚れないように前掛けとして使用した。
  • おしめ – 晒のものが使われた。近年でも乳幼児の自発表現を促す効果があるとして木綿のおしめを選択する親も増えている。
  • 女衿の覆い – 着物の衿が汚れないように手拭で被った。柄物を使用して意匠の一部としても楽しんだ。 
  • 髪結い肩掛け – 髪結いや散髪や化粧のときなどにも汚れ防止として活用した。
【健康】
  • 入浴 – 体についた水を拭きとったり、体をこするだけでなく、銭湯などの往き帰りの小間物入れとしても活用した。 
  • 按摩 – 按摩において、施術する場所に必ずというわけではないが、手拭をかけて行う慣習がある。
  • 医療品 – 止血帯やガーゼや包帯などにも利用された。熱を下げるため濡らしたものを額に乗せた。
【その他】
  • 暖簾 – 看板と手拭きの両面を兼ねて、屋台などで利用された。のちに手拭ではなく暖簾に変わっていった。またこうした習慣が、日本の商いにおいて、顧客に店名入りの手拭を配る習慣につながっていったとされる。
  • 手本引 – 手本引(てほんびき)とは江戸時代に考案され、昭和40年代ごろまで続いた賭博の一つ、数を表すを使用した賭け事で、が引いた札を伏せるのではなく、折りたたんだ手拭に挟んで隠すやり方が特徴となっている。 

2次利用 [編集]

  • 着物 – 装飾に優れたものを、上手に組み合わせ着物や浴衣として縫製した。
  • ケ着(ハレ着の相対)などの普段着の継当てや裏地の補修や、布団の汚れやすい部分に当て布として使用される。
  • 布草履 – 布を一部併用した草履で、古くなった手拭を利用した。「滑りにくい」、「足になじむ」として、足場の悪い環境であった、山林従事者がおもに使ったとされる。現在でも健康目的で自作や販売がされている。
  • 鼻緒 – 下駄雪駄などの鼻緒が切れた時に、簡易の代用として手拭を裂いて使用した。
  • はたき – あらかじめ用意された先に切れ込みの入った竹や木製の棒に、古くなった手拭を割いてはたきにした。

 

上記の様に沢山の用途があります kim09

まだ少ないですが、私のコレクションです kim27

鎌倉にも沢山の手拭い屋さんがあるので、引き出物のお共に、もしくは鎌倉土産にいかがですか kim25

コレクターの石川がお届けしました per01

zusi ✿ BETTEI

こんにちは zkao24

先日、逗子にある【BETTEI (別邸)】というイタリアンのお店に行ってきました kim16 kim11

階段を上っていくと、テラス席があり、中に入るとピザを焼く窯があり、いい香りが漂っていました sea0303

中でもピザがおすすめと聞いていたので、3人だったのですがピザを5枚注文しました per01 per02 per01 笑

生地はすごくもちもちしていて弾力があり、食べごたえがありました zkao27

いろいろな味を頼んだのですが、バランスが良く、どれもとても美味しかったです zkao13

 

写真も上手に、美味しそうに撮れました zkao30  

ここには載せていないのですが、わたしのおすすめはやはりマルゲリータです kim20  

トマトの味がとてもひきったっていていいお味でしたよ kim09

3人で5枚はやはり食べきれなかったので、お土産として持って帰りました foo06 kim11  

気になった方は是非、行ってみてくださいね tra01  

長谷川がお届けしました♪

ハンドクリーム

こんにちわ ten01

お肌の乾燥が気になる季節になりましたが、お肌はもちろんの事、手の乾燥も気になりますよね kao05

お式当日は指輪のお写真も撮りますので、お手元のお手入れもオススメします kim16

そこで私がオススメするハンドクリームです kim11

香りはシトラスグリーンです sea0121

こちらはフレッシュピーチです sea0119

どちらも香りも良く、べたつかないのにしっとり感は抜群です kim15

手もツヤツヤになります zkao24                              

               

これから婚礼を迎えるご新婦様、是非手のお手入れもお願い致します zkao27

個人的には緑のカエルの香りがオススメの石川がお届けしました per01                                                                                      

美容☆知恵袋

皆様、こんにちは zkao27

今日は色打掛についてお話しさせて頂きます kim16

色打掛は、室町時代から江戸時代にかけて武家の女性が礼服として羽織のように打掛を着られていたのが由来だそうです sea0103

江戸時代に入ると豪商や富裕な町家でも着られるようになり、だんだん一般にも婚礼服として普及されたようです kim11

昔は白無垢より格下の装いでしたが現在では色打掛も白無垢と同格の正礼装とされています。

色打掛におかつらですと、お式の時は角隠しとなります kim09

もちろん洋髪でもできます sea0303

また、お式は白無垢でその後、色打掛に架け替えをされても素敵ですよ sea0109

華やかで雰囲気もがらっとかわります kim20

華やかな色打掛もとても素敵です kim11

ぜひ、お衣裳選びの参考にして頂けたらと思います per01

梶ヶ谷でした♪

白無垢と色打掛、両方着たい・・・ご新婦様の夢 ♥ 叶えます

早いですね、今年ももう三ヶ月をきりました!

10月からどんなキャンペーンが始まるんだろうとお待ちのお二人に、ステキなプランをご紹介いたします kim16 kim11

✿舞殿ビデオ撮影、半額キャンペーン ¥63,000 → ¥31,500 ite08

✿色打掛掛替キャンペーン 白無垢で挙式、ご会食はお洋服で、とお考えの方に、式直後の掛け替えで色打掛をお召し頂ける式服二着プラン登場 kim11

期間中にお申し込みいただいた方には、キャンペーン対象商品を¥31,500で sea0111

お二人の大切な記念日に鶴岡八幡宮の結婚式ならでは、白無垢姿と色打掛、両方の記念写真を残してくださいね sea0109

【ビデオ半額キャンペーンは10月~12月に、色打掛キャンペーンは10月~3月お申し込みの方に限ります】

色打掛キャンペーンもまもなくホームページにアップされる予定です、一足先にお知らせ致しました kim20

詳しくはサロンまでお問い合わせくださいませ zkao30

小塚がお届けしました♪

かたつむり

最近めっきり秋らしくなってきました sea0303

皆さんはお肌のお手入れはどうしていますか kim25

季節の変わり目は一番お肌に負担がかかります kao21

特に夏に日焼けをしてしまった方 kim21 今からお手入れを始めましょう per01 sea0124

わたくし石川は、7月に夏休みを頂き、韓国に行ってまいりました kim09

目的はもちろん、美と食です foo02  sea0124

買ってきました【かたつむりシリーズ TONYMOLY】です kim11

日本でも売っていますが、やはり韓国は安い kim15

6点セットで1万円 kim08

①こちらが化粧水です sea0115

とろっとしといて、浸透力がいいです kim11

②美容液です sea0116

この時点で既にしっとりしてきます kao09     

③アイクリームです sea0117

     まだ使って数週間ですが、ハリが違ってきました kim20  

④保湿クリームです sea0118

まだまた塗ります kao07        

⑤仕上げのクリームです sea0119 

⑥スペシャルケアです kim27

週に11度のケアです sea0112

特別な日の前の日に  kim04

         

  おまけのパック zkao24                                                                                                                  

こんなお肉も食べちゃいました zkao28

最後にソウルタワーです kim11

美と食に大満足して帰国した石川がお届けしました zkao27

例大祭

9月15日の例大祭の百メートルに渡る行列を見てきました kim11

見る前は御神輿が回るだけだったと思っていたのですが、

御神輿 kim13

巫女さん sea0101

                      

百メートルに渡る行列なだけあって、とても見ごたえのあるものでした kim18  

           

文治3年8月15日放生会として流鏑馬が始行されたともあり、鶴岡八幡宮の例大祭の始まりとなったそうです ten02

1年を通して最も重い祭行のようです kim16

感動いっぱいの石川がお届けしました zkao20                                                                                                                                                      

噂のビーチ☆

こんにちは sea0202

私ごとですが、先日沖縄へ旅行に行ってきました ten01

沖縄の方が言うには沖縄で一番キレイなビーチがあるという阿嘉島(あかじま)に行ってきました kim11

那覇から高速フェリーで向かいました tra01

船酔いしてしまいそうだったので風にあたろうと思い、外に出るとすごい強風だったのですが景色も良く、本当に気持ちよくてそのまま横になってウトウトしてしまいました zkao01

島に到着して自転車で15分くらいのところにある目的のビーチにむかいました sea0207

運動不足のせいもありますが 笑、 坂があったりしたので着くころにはヘトヘトでした zkao16

でも噂のビーチは本当に、本当に!本当にキレイで、癒されました per01 kim11

水面に顔をつけるとすぐ近くに魚がいたりするんです kim16

ライフジャケットを着てずっとプカプカ浮いているだけで十分なくらいなんです kim20

  

最後は雨に降られてしまい滑りながら自転車で戻ってきました kim13

写真だけでは分かりづらいと思いますので沖縄に行って時間をもてあました際には是非 zkao27

オススメです sea0111

長谷川でした♪

ステキ鎌倉☆

ウエディングサロン鎌倉は、おかげさまで一周年を迎えました sea0109

鶴岡八幡宮神前挙式のお支度どころとして雪ノ下にオープンし、鎌倉の方々に温かく迎えていただき、ご指導やアドバイス等、今なお頂いておりますこと、心より感謝申し上げます kim11

今、鎌倉二年生となり、さらに地元に根付いたサロンとして、皆様にお喜びいただけるサービスと技術を提供できたら・・・とスタッフ一同頑張っております sea0111

今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます kim11

この一年間、私どもウエディングサロン鎌倉で挙式を担当させて頂きました皆様 sea0103

いかがお過ごしでしょうか?

記念日には思い出の写真を眺めながら・・・ kim02

ついでに、私達スタッフのことも思い出していただけたら、そんな嬉しい事はございません kim11  

もしも鎌倉にいらっしゃったおりにはぜひ、お顔見せてくださいね kim20

鎌倉での一年間は四季折々の花や歴史を感じる様々な行事と共に、他では味わえない時を過ごさせて頂きました sea0103

鎌倉は本当に素敵、ウエディングサロン鎌倉もそんな本物の素敵になれるよう、これからも頑張ります。

皆様、どうぞ宜しくお願い致します zkao30

小塚がお届けしました♪

美容☆知恵袋

みなさま、こんにちは sea0303

まだまだ暑い日が続きますね ten01

鎌倉は観光の方はもちろん、海へ遊びに来られる方も多くみかけます kim16

みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回の美容知恵袋は『綿帽子』についてお話をします。

綿帽子とは・・・・・。

綿帽子の歴史は、室町後期から安土桃山時代にかけて、武家婦人の外出着として小袖を頭から被って着られていた「かづき被衣」が起源だそうです。

江戸時代になり真綿でつくられた綿帽子が若い女性に定着していったそうです。

元々は外出する際の埃除けや防寒具として用いられていたとの事です。

和装と洋装と同様「挙式が済むまで、花嫁は新郎以外の人に顔を見られないように」という風習から婚礼にも取り入れられるようになったそうです kim11

この綿帽子は白無垢をお召しになる場合のみおつけすることができます sea0103

白無垢を着られる方は是非、ご参考にしていただければと思います zkao24

梶ヶ谷がお届けしました♪