せっかく紋服を着るのなら!

みなさまこんにちは!
すでに日焼けが始まっている浅岡です
紫外線の吸収率がいいのか、毎年この時期から夏にかけて
黒さを増していくんです・・・・・・・・(笑)

そろそろ暗めのファンデーションを準備します

さてさて!今回のブログは和装にはかかすことの出来ない家紋について

ご新婦様の衣裳ばかりでなく、今回はご新郎様に注目していきたいと思います(笑)

ご新郎様の紋服には五つの紋が入っています。
後ろの背中心・後ろの両袖・前の両胸の5か所です!
これは礼装でもっとも格式が高いということを表します

(他にも一つ紋・三つ紋とあり、家紋の数によって格式がわかるようになります

そもそも家紋って何??という方もいますよね
私もこの業界に入るまでは『?????』という感じでした!(笑)

家紋は平安時代の貴族たちが乗った牛車(御所車=ごしょぐるま)に、
それぞれ自分の牛車がどれか分かるように目印となる家紋をつけたことがはじまりだそうです。

鎌倉時代中期以降になると、武士たちが各自の家紋を持つようになりました。

鎌倉時代から室町時代にかけては、戦乱と武家の活躍した時代にふさわしく、
戦場での敵と見方を識別するための武具や武器、それに戦場で目標にする小旗につけたそうです。

江戸時代にはいると武士に限らず、庶民にも利用されていました。
そういった少数の家や個人が独占できなくなった家紋のことを「通紋(つうもん)」といいます。

ウェディングサロン鎌倉のご新郎様の紋服にはこの通紋である
丸に違い鷹の羽』の家紋が入っています

こちらの家紋は誰もが使える家紋なので、もちろんこのままお召し頂く事もできます

しかし!

せっかく神前式で紋服をお召しになるのであれば、
ご自身の家紋に変えてしまうこともおすすめです

『え・・・・・どうやってもともと家紋のある着物に自分の家紋を・・・?』

ずばり!!『貼り紋』です◎

紋服の家紋の上から貼りつけるシール状の家紋です
ホントに貼ったの?!!というくらい元から付いている様に自然に見えます\(^o^)/

こんなのも・・・

こんなのも・・・

こんな家紋も・・・

どんな家紋でもできちゃいます(*^_^*)

そして!!!

最近はご新郎ご新婦様に合わせて、お父様も紋服着られる方が増えています

もちろんお父様がお召しになる紋服も五つ紋が付いています\(^o^)/
そしてもちろん貼り紋でご自身の家紋にして頂くこともできますよ\(^o^)/

せっかくご実家に家紋があるなら絶好の機会です
この晴れの日に皆様にさりげなくお披露目してみてはいかがでしょうか?

スタイリストから見た『鶴岡八幡宮結婚式の魅力』

みなさまこんにちは
スタイリストの前川です
前回に引き続き『鶴岡八幡宮の結婚式』についてご紹介します

今回はスタイリスト目線でお勧めしたいポイントをご紹介させていただきます

突然ですが、神前結婚式の花嫁さんはどんな衣裳を着るのかと聞かれるとほとんどの方が
“白無垢”をイメージされると思います。
そんな白無垢の意味やその他花嫁衣裳として用いられるものを簡単にご紹介
させていただきます

白無垢とは・・・
諸説ありますが、一番有名なのは白無垢の白には純潔嫁いだ先の色に染まる
という意味があり、最も格式の高い婚礼衣装とされてきました。
他にも白は生まれた時に着る産着や死者に着せる死装束にも使われるため
生家の娘として一度死んで、婚家の嫁として新たに誕生するという意味や
死ぬ覚悟で嫁ぐという意味も込められているそうです。
白の衣裳は室町時代末期より様々な式典や儀式に用いられてきましたが
明治以降になると花嫁衣装としてのみ白無垢が着られるようになりました。
色打掛とは・・・
挙式後に色打掛に掛け替えることがありますが、嫁いだ先の色に染まったという意味や
豪華な吉祥文様で花嫁の旅立ちと両家の繁栄を願うという意味もあるそうです。
黒引き振袖とは・・・
黒には他の誰にも染まらないという意味が込められており、元々おめでたい時には
黒を着るのが昔からの風習だったそうで、今でも男性の第一礼装は黒紋付き袴ですし
既婚女性の第一礼装である黒留袖も黒ですよね!
白無垢よりも歴史は古く、かつて武家の婚礼衣装として使われ、江戸時代後期から
昭和初期までは一般的な花嫁衣裳だったそうです。

そして花嫁衣装で欠かせないのが綿帽子や角隠し。
角隠しとは・・・
嫁入りするにあたって怒りを象徴する角を隠し、従順でしとやかな妻となることを示したり
かつて女性は嫉妬に狂うと鬼になると言われていたため、鬼になることを防ぐための
おまじないとも言われています。
綿帽子とは・・・
ドレスのベールと同じく、挙式が済むまでご新郎様以外にはお顔お見せないように
という意味があり、初々しさや奥ゆかしさの象徴となっています。
室町時代後期以降、女性が外出する際の埃除けや防寒具として普段使いされていたそうで
それが現代にも残り、婚礼に用いられるようになったそうです。
綿帽子は白無垢にのみ合わせることができますが、角隠しは色打掛や引き振袖にも
合せることができます。

少し堅苦しい話となりましたが、お衣裳の意味を知っていると白無垢だけではなく
色打掛も着てみたいという気持ちになりませんか?
そしてせっかく鶴岡八幡宮で挙式をするのであれば色々なバリエーションで
お写真を残したいですよね!
そんな願いを叶えられるのがわたしたちウェディングサロン鎌倉です!
挙式の際は綿帽子や角隠しをつけていますが、挙式後に綿帽子や角隠しをお外ししたお姿
お写真を残して頂くことができます!
この瞬間は見ているゲストや参拝客の方からも「おー」と歓声が上がります!
更に、挙式後に白無垢から色打掛へとお衣裳のお召し替えもしていただけるのです!
これができるのはウェディングサロン鎌倉のみです。
白無垢から色打掛へのチェンジはほんの2~3分でできるので白無垢だけでなく
色打掛でも舞殿前でのお写真を撮ることができます!
更に更に、ドレスも着たい!という方は披露宴からドレスをお召し頂くこともでき、
当サロンでドレスのお支度から披露宴のお写真撮影まで全てさせていただけますので
プランナーまでご相談ください!
少々脱線してしまいましたが、一生に一度の結婚式を鶴岡八幡宮で挙げられるのであれば
日本の結婚式の歴史や意味を感じられるお衣裳をお召しになってはいかがでしょうか?
お衣裳の試着やおかつら合わせはいつでも可能ですので是非お気軽にお問い合わせください!
みなさまにお会いできる日を楽しみにしております
本日もお読みいただきありがとうございました

鶴岡八幡宮で結婚式をしたいけど、いったいどうすればいいの?今さら聞けないポイントをプランナーが徹底解説!

みなさまこんにちは
大谷選手のアメトーークは見なくてはと思っていたのに気付いたら2時だった岡本です
まさかの22時に寝るという・・・。

 

さて、桜ブログウィークが終わりちょっぴりブレイク。
本日からは改めて『鶴岡八幡宮の結婚式』についてご紹介いたします。

 

第1回目の今日は「鶴岡八幡宮結婚式の仕組みとウェディングサロン鎌倉の役割」についてご紹介しましょう。

 

鶴岡八幡宮で結婚式を挙げたいと思った時、きっとまずは鶴岡八幡宮のホームページをご覧になると思います。
すると「その他」の欄にこんなことが書いてあります。

 

・披露宴、祝賀会、着付け等は当宮の施設内では行っておりません。 

 

これだけでまず、「え!?じゃぁどうしたらいいの!?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。

 

そうなんです、鶴岡八幡宮の境内に披露宴会場はもちろんのこと、着付け処等もありません。
挙式を申し込みに行ったとしてもそれはあくまでも「結婚式」の予約。
その他の衣裳や着付け・ヘアメイクに写真など、必要な物について面倒をみてくれるわけではないのです。

 

そこで路頭に迷われた(笑)お二人の力になるのが我々支度どころでございます

鶴岡八幡宮のホームページにも『貸衣装・披露宴のご案内』というページが。

のぞいてみると・・・

 

1番上にウェディングサロン鎌倉の名前が
・・・すみません、自慢しました(笑)

 

この下にもたくさんの支度どころ・披露宴会場が続きます。
もちろんそこから探していただいてもいいのですが、掲載されているのはごく一部。
また、大型会場が多いのでご親族様だけでの少人数で会食をされたい、という方は会場を探すのも一苦労です

 

そこでぜひ頼っていただきたいのがわたくしども支度処のプランナーです

ウェディングサロン鎌倉では挙式のお衣裳・美容お支度・写真・アテンド・ご会食・ご披露宴会場のご紹介とプロデュースまでトータル的にお手伝いをしております

 

提携会場は現在17会場ですが、来月には20会場を超える予定です
きっとお二人のご希望に沿った会場を見つけていただけると思います

 

 

つまり、鶴岡八幡宮で結婚式を挙げるには、
プロデュースはウェディングサロン鎌倉などの支度処
挙式は鶴岡八幡宮会食はお気に入りのレストランやホテル、といった形でお打合せ及び当日の流れは進んでいきます。

 

ややこしい!という方は支度なども全て披露宴会場でされるという選択肢もあります。
ただし今度は鶴岡八幡宮からは少し離れた場所にあるので当日のご移動が大変だったり、
費用が高額になるといった特徴があります。

 

支度処を使うのか、披露宴会場で全て完結させるのか、そちらはお二人が何を優先させるか次第です

 

でも、もしよろしければまずはウェディングサロン鎌倉にご相談ください。
ご披露宴会場も含めたくさんの会場からお二人にぴったりの会場をご紹介いたします

 

もちろんご相談は無料ですし、気になる会場を使った場合の御見積もお出しいたします

 

特にご家族様でのご結婚式なら小さいチャペルで挙げるよりも鶴岡八幡宮での本物の神前式とご会食の組み合わせはとってもおすすめ
ご家族様からも好評です

 

 

ホテル等の結婚式とは違い、鶴岡八幡宮のご結婚式はご準備の方法がなかなかわからない部分もあるかと思います。
そんな時はどうぞご遠慮なくご相談ください

 

 

そして、準備期間が少なくて済むのも神前式×会食のいいところ
今からでも夏前の挙式、まだまだ間に合います

 

その他ご準備のポイントは鶴岡八幡宮神前式完全マニュアルでもご紹介しております。
ぜひ併せてご覧くださいませ

 

自分で言うのもなんですが、鶴岡八幡宮の結婚式をご希望ならまずはウェディングサロン鎌倉
それが本当に1番オススメの方法です

 

結果的に支度もご披露宴会場に決められても構いませんし、ご予算的におさえられるところで支度を、という形でも結構です。
とにかく少しでもお二人のお役に立てれば嬉しく思います

 

もちろんウェディングサロン鎌倉でお二人の門出を御手伝いできたら1番嬉しいですが

少しでも興味をお持ちの方はぜひお問合せフォームまたはお電話でお問い合わせくださいませ。
お待ちしております

桜ウェディングの次は…

みなさまこんにちは!
最近暖かくなったせいか、寝ても寝ても寝たりない西村です…
毎朝が二度寝との戦いです(笑)

さて、先日よりお送りいたしております桜blog ウィーク
ウェディングサロン鎌倉では今年もたくさんの方の
ご結婚式・ロケーションフォト撮影のお手伝いをさせていただきました

今年は桜の開花が例年より早かったため、撮影のタイミングもなかなか難しかったのですが
本日はナイスタイミングにて撮影ができたお客様方のお写真を一部ご紹介(笑)

青空の下でのお写真撮影では、どの新郎新婦様も自然と最高の表情に
撮影後には思い通りの写真が撮影できた!』、『とても楽しかったです!』というお言葉をいただく事も多く
こちらも毎回嬉しい気持ちでいっぱいです
来年もたくさんの方の桜weddingがお手伝いできますように

さて、桜に続き只今鎌倉では絶好の新緑シーズンを迎えております
こちらはつい先日撮影をさせていただいたお客様のお写真です

桜とはまた違った雰囲気で、青々と茂る緑の中での撮影も最高ですよね
ナイススポットをたくさんご用意してお待ちしておりますので、
ロケーションフォトやご結婚式の前撮り撮影をお考えの方はぜひご気軽にご相談ください


実は1番おすすめの時季かもしれません♡

みなさまこんにちは!
今年は1度も花見に行けなかった浅岡です・・・
片手にビールで目黒川あたりに行く予定だったのですが・・・
来年リベンジします!(笑)

だがしかし!ロケーションフォトや挙式のお手伝いで
鎌倉の桜をたっぷり堪能させていただきました!満足です

さて、桜の見頃は終わってしまいましたが、
まだまだ挙式やロケーションフォトにおすすめの時季は続きます

5月・6月ってあじさい以外に何かあるの・・・・・・・・・???
と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、あるんです

気付きましたか・・・・

そうです!新緑です!緑がきれいなんです
白無垢にも色打掛にも合うこのきれいな
みなさんいかがでしょうか???
(私は鎌倉に来てこの緑を見た時に新緑ってこんなに綺麗だったのか!!!
と圧倒されてしまいました・・・(笑))

今の時期は過ごしやすい気候ですし、風が吹いても気持ちの良いそよ風です!
たまに春の嵐のような強風はありますが・・・

挙式中も舞殿を気持ちのいい風が通り抜けるし、
ロケーションフォトもどこで撮影してもと着物のコントラストが素敵だし、
実は1番おすすめの時季かもしれません

桜挙式をお考えの方♡

みなさまこんにちは
食欲が止まらない前川です
鎌倉の美味しいお店を開拓中なのでオススメのお店があれば
是非教えてくださいね

みなさん、今年の春はお花見にいきましたか?
わたしは3回いってきました(^^)/
1度目は地元の神社に夜桜を見に行き、2度目は王道新宿御苑
(お酒NGなのでお子様連れにオススメです)
3度目は多摩川に行きました

こちらは新宿御苑
4月に入ってからだったのでソメイヨシノは葉桜になっており、八重桜はまだまだこれからという感じでした
なんともタイミングが悪かったです

こちらは多摩川の河川敷
新宿御苑と同じく、4月に入ってからだったのでもうピークは越えていました
しかし、春を感じられるお花が沢山咲いていて桜以外にも見所は沢山ありました

さて、今年はどこの桜が綺麗だったかというと…
挙式やロケーションフォト撮影で見た鎌倉の桜が一番綺麗でした

前回のBlogでもお伝えしているように桜の開花時期に関しては私たちもドキドキですが、八幡宮の境内にはとっても早く咲いてくれる桜の木もあれば開花予想と同じくらいの時期に咲いてくれる木もあり、3月末~4月頭にかけての挙式では一番桜が綺麗に咲いていているところでお写真をお撮りします
日に日に八幡宮の予約も埋まってきており、1年先ではありますが大安の日は本日の時点で半分ほどご予約が入っておりました
私どものサロンにでお手伝いさせていただく方も4月挙式の方は1年前からご予約いただいている方が非常に多いです
桜の時期の挙式はお二人はもちろん、来てくださる皆様の印象にも残る、忘れられない一日になること間違いなしです
一生に一度の結婚式を桜の時期にされてみてはいかがでしょうか?

2019春桜挙式、気になるおすすめ日程は?

みなさんこんにちはいくら丼が食べたい岡本です
スタッフ同士でいくら×ご飯の魅力について話していたらいくらの口になりました(笑)

 

さて、いよいよ本日より来年2019年の4月の挙式がご予約開始となりました
すでに4月7日(日)大安は人気の3枠がご予約埋まっております。

来年の4月はいつの挙式がねらい目なのでしょうか?
まずはカレンダーを見てみると・・・・

なんと6日(土)は仏滅7日(日)は大安
ということで7日が1番人気のお日にちになりそうです。

ちなみにその1週前は3月30日(土)先勝、
31日(日)は友引となっております。

しかしながら31日は現在終日予約NG
人気日程は7日(日)にしぼられそうなので、
逆に言えば仏滅でもよろしければ6日(土)は間際までご予約お取りできるかもしれません

 

でもやっぱり気になるのは開花時期
果たして7日でいいのでしょうか?
今年の様子をみるとますますわからなくなりますね

 

ちなみに母と桜について話をしていると
「去年もものすごい早かったものね」との声が。
人の記憶は実にあいまいなものですね(笑)
こと鎌倉においては前回桜が早かったのは2013年で、この年は3月末でもう終わりかけでした。

 

昨年はというと激遅見ごろを迎えたのは10日頃でした。
ということで来年の見ごろは3月30日か?4月6日、7日か?
今年も過去のデータで検証してみましょう

 

まずは3月30日頃の様子。

上から2016年3月30日、2017年4月1日、そして本日4月1日の模様です

2016年3月30日はまだ1~2分咲きといったところでしょうか。

2017年の4月1日もやはりまだまだ咲き始めでした

ところが今年、今日の時点でむしろピークを少し過ぎてる


それでは続いて4月6~7日頃の模様です


2015年4月5日、2016年4月5日、2017年4月4日と10日です

2015年は1日の時点でほぼ満開だったのですが、5日もとても綺麗ですね
2016年は割と予想通りの開花状況といった感じでしょうか?

そして2017年は他のお写真より少し遅く、4日はまだ蕾

一方10日の方は満開です

 

いかがですか?
こうしてみてみると3月30日よりは4月6,7日にかけてみたい気持ちになりますよね

 

桜の開花時期については私たちも毎年はらはらどきどき

当然今年も昨日今日を狙った方と4月7日を狙った方がいらしたわけですが、今年はむしろあわよくば・・・だった3月24日、25日にされた方がラッキーでしたね

 

さぁ気になる2019年桜挙式、あなたはどの日を選ぶ?

ウェディングサロン鎌倉はどの日程でも大歓迎です

 

最新!鎌倉桜開花状況★

みなさまこんにちは!
今年は運よく多くの桜ウォッチングに成功している西村です
休日を利用して、埼玉県&横浜と2日間に渡ってお花見へ行って参りました
その際のお写真がこちらです♪

【埼玉県 権現堂】(残念ながらこの時はまだ菜の花が2分咲きほど…)
 
【神奈川県 根岸森林公園】

どちらも最高のお天気に恵まれ、ポカポカ陽気の中お花見が楽しめました
昨年から楽しみにしていた権現堂へも行くことができ、大満足な休日でした(^^)

さて、こちらのお写真に負けないくらい素敵な風景を観れるのが鎌倉鶴岡八幡宮
今年は若干開花が早く、現在段葛&境内はちょうど見ごろを迎えております
こちらは今朝(3/31)のお写真
段葛

鶴岡八幡宮境内

両方、見事な咲きっぷりです
実は、なかなか段葛と境内の桜の見ごろは合わず
毎年どちらかが先に見ごろを終えてしまうことが多かったのですが今年はタイミングバッチリ!!
本日のご婚礼でも素敵なお写真がたくさん撮影できそうです

ちなみに過去に撮影させていただいた写真がコチラ
段葛

鶴岡八幡宮境内

桜がバックにあると本当に画になりますね…
来年の桜ウェディングをお考えの方、ぜひウェディングサロン鎌倉までご相談ください
生涯心に残る素敵なご結婚式にしてみせます

来年4月挙式のご予約は本日0時より受付開始となります
いつも日付を跨いだ瞬間に桜の見ごろシーズンはポツポツと埋まっていきますので
ご希望の方はスタンバイを~(笑)

魅力たっぷりの桜と挙式♡~段葛~

 

みなさまこんにちは!浅岡です^^
こないだの春分の日の雪がうそみたいに
桜の開花宣言もされてすっかり春ですね

昨日ロケーションフォトで妙本寺へ行って参りましたが、
なんと・・・・・満開のでした
お天気も良く青空とがとっても素敵でしたよ(*^^)

 

さて、そんな四季を感じさせてくれる桜シーズンですが
毎年、挙式の大人気シーズンでもあります
その理由の一つはなんといっても参道である段葛の桜です(^O^)/
2016年に改修工事を終え約170本の桜が植えられています!

ウェディングサロン鎌倉では鶴岡八幡宮の挙式へ向かう際、
ご新郎ご新婦様には人力車へ乗って頂けます
普段とは違う目線で段葛の桜を楽しんで頂けますよ(*^_^*)
さらにご新郎ご新婦様の人力車はお祝い専用なので、
乗ったことある!という方もさらに特別感を味わえます

せっかくの段葛のをご両親様やご親族の方にも特別な感じで楽しんでほしい
という方にはオプションにて人力車を増やすこともできちゃいます\(^o^)/


の季節はあっという間です!!
桜の時期に結婚式をお考えの方、ウェディングサロン鎌倉にお任せください(*^_^*)

 

 

5月・6月の結婚式をお考えの方・・・♡

みなさまこんにちは
春が待ち遠しい前川です
お花見の予定が入っているので桜フォトを
撮ってこようと思っております

先日プランナーが最もおすすめする挙式時期について
ご紹介させていただきました
いかがでしたでしょうか?
意外に思われた方も多かったかもしれませんが、わたくしとしても
5月や6月の新緑の季節はとてもおすすめです

なぜならば、今年の5月・6月に結婚式をご成約の方には
この時期しかない特典をご用意させていただいているからです

最近では前撮りをするのが当たり前になりつつあると感じます。
ウェディングサロン鎌倉にも
『当日はドレスを着て結婚式を挙げるけど和装での写真も残したい
『結婚式当日のウェルカムボードとして和装の写真を飾りたい
ということで、有難いことに前撮りのご予約を多くいただいております

当サロンでお支度をされる方はほとんどの方が和装での結婚式になるので
『ドレスも着たい洋装での写真も残したい
というのが乙女心ではないでしょうか

そんなご新郎・ご新婦様にご用意させていただいたのが
ウェディングドレスでの前撮りプレゼントです

詳しくはキャンペーンページをご覧ください

勿論、鶴岡八幡宮で和装で結婚式をされる方も、もうすぐピークを迎える
桜のロケーションフォトや新緑でのロケーションフォト、
秋の紅葉でのロケーションフォトなどなど、結婚式当日だけでは撮りきれない
お写真を鶴岡八幡宮以外のオススメスポットで前撮りや後撮りとして
撮影させていただいております
和装でのお写真はドレスに比べて着る機会がうんと少ないのでいくら残しても
いいですよね

皆様からのお問合せをスタッフ一同、心よりお待ちしております