後悔のない結婚式のために。プランナーが教える心構えとは?

みなさんこんにちは
明日国家試験だというのに結局勉強はろくに進んでおりません岡本です
なんとかテキストは一通り読み終わりましたが、ほぼ日々の業務で当たり前に行っている事だったので
大丈夫だと信じて…!!
とりあえず忘れずに証明写真を撮りに行かなくては

 

さて、ロケーションフォトに関して色々お伝えをしておりますが、
年末へ向けては

『プロが教える結婚式のポイント』

『2018年ベストショット集』

も併せてご紹介して参ります

 

プランナーの岡本が教えるポイントとしましては・・・

 

『迷ったらやる

 

これをぜひおすすめしたいです。

 

ご結婚式は一生に1回の晴れ舞台。
そして形に残るものはお写真や映像などごくわずかという特殊な買い物です。

そのため余計に記憶として鮮明に残ることでしょう。

 

そんなとき最後まで迷ったあれを選ばなかったら、やらなかったら・・・
一生に一度のことだけに一生後悔する、ということもあります。

 

例えば衣裳
最終的な見積で予算オーバー、さてどこを削る?
衣裳を選びなおす、という方ももちろんいらっしゃいます。

でも「本当はあの衣裳着たかったな・・・」

そんな想いは後々まで引きずりがちです。
ご結婚式をされた新婦様対象のアンケートで後悔したことの上位に毎回入ってくるのが衣裳。
悩みどころだとは思いますが、後悔のない選択をされることをおすすめしたいです

 

そしてもう一つ後悔される率が高いのが

映像撮影

です。

 

私どもがおすすめをしても

「映像はなくていいよねー」

とおっしゃる新郎新婦はとっても多いです。

 

ただその一方で式後にご来店いただくと

「やっぱり映像撮っておけばよかったですー」

の声は本当にたくさんいただきます。

 

もちろん一般的なご結婚式、ご披露宴でも映像ですと写真とはまた違ったお姿を残すことができます。
さらに鶴岡八幡宮のご結婚式でみなさまがなぜ映像を撮っておけばよかったとおっしゃるのかというと、
その後には必ず

「あの雅楽の演奏は音声、映像で残しておきたかった」

と続きます。

 

ご新郎ご新婦様はお打合せの段階で映像をご覧になっているので雅楽についてもご覧になってはいるのですが、
特に親御様が当日初めて生演奏であることを知り、それに感動して映像撮影を頼んでいないことに落胆する
といったことが非常に多いです。

 

プランナーとしてもこの雅楽はぜひ残していただきたいですし、
よりご新郎様の誓詞奏上のシーンは音声も一緒に残していただきたいなと思うのです。

その他にもご親族様の様子や、ご友人様がいらっしゃれば完成品を見てびっくりの
スペシャルメッセージがあったり

 

「映像はどうせ見ないから・・・」とやめる前にぜひ一度お考え頂きたいです。

 

ちなみに映像をお撮りになった方の決め手としては、上記の他に

「将来子供に見せたいと思った」

「来られなかったゲストに見せたくて」

「おじいちゃんおばあちゃんが動いている姿を残しておきたかった」

というものもあります。

 

写真・映像はご結婚式の商品の中でも数少ない『形に残る』商品です。

撮ってさえおけば後から複製もできます。

でも撮っていなかったらもう二度と撮ることはできません

当日歩きながら

「やっぱり写真・映像頼めばよかったかな・・・」

と思ってもそこにカメラマンはいません

 

迷ったらぜひ、撮っておいてください

 

 

その他にも

「料理のグレードは下げなきゃよかった」

「やっぱり親に花束渡せばよかった」

「ちゃんとお花を飾ればよかった」

そんなお声もいただきます。

 

〇〇すればよかった、はご結婚式後ふとした瞬間に、それこそ一生思い出します。
ただその一方で〇〇しなきゃよかった、のお声はほとんどありません。

 

もちろん予算を100万円オーバーしたとか、
妥協して決めた式場がやっぱり納得がいかなくて変更したからキャンセル料がかかったとか、
特に金銭面においてやらなきゃよかった、ということは今まで何もなかったとは言えません。

 

でも、最終的に満足する挙式・披露宴になっていれば
きっとそのことは一生後悔し続けるということは無いと思います。

 

お二人の満足のいくご結婚式のためにプランナーが全力でサポートいたしますので
そのために経験上必要だと思うものはおすすめさせてください。

営業トークでしょ?と感じることもあるかと思いますが、
逆にこれはいらないと思うものはなくてもいいですよ、と申し上げることも多いです。

 

もちろんご予算には限りがあるかと思うのでお二人の中で何を優先されるかぜひご相談されてみて下さい。
そしてもし実はこれはやりたい、本当はこっちを選びたい、なんてことがあれば遠慮せずにお相手に伝えてみて下さい。
さすがに言いづらいなんてことがあれば私たちも後押ししますし、
予算をおさえつつ実現する方法が無いか一緒に考えていきます。

 

一生に一度のご結婚式に後悔が無いよう、

 

迷ったらやる

 

心の片隅にでも留めておいて頂ければ嬉しいです。

 

 

ちなみに・・・

もし後悔が

「ドレスの写真も撮っておけばよかった」

「当日雨が降ってしまったから前撮りしておけばよかった」

 

なんてことであれば大丈夫、後撮りという選択肢もありますのでお気軽にご相談くださいませ。

 

そして、そもそも

 

結婚式をちゃんと挙げればよかった

 

という後悔をしているのであれば、今からでも遅くありません!

挙げましょう

 

実際ウェディングサロン鎌倉で挙式支度、ロケーションフォトをお申込みの方の約1割は
結婚して3年以上経っている、という方々です。

 

「授かり婚だったからあきらめてたけど子育ても落ち着いたから」

「挙式はしなくていいと思っていたけど親がやっぱりやって欲しかったみたいで」

「結婚式をしていなかったから10周年の記念に」

 

皆さま理由は様々ですが、共通しているのは挙式後本当にご満足されているということ。

少しでも興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

ちょっと熱くなりましたが(笑)一組でも多くの新郎新婦様の、後悔のないご結婚式をお手伝いすることが私たちの願いです