鶴岡八幡宮挙式で撮影できる写真とは…

皆さまこんにちは!

最近体重の増加が止まらず、早く夏バテしないか自分と思っている西村です。(笑)
もうじき半袖のシーズンがやってくるので日々の食と運動を見直そうと思います…

さて、先日より『鶴岡八幡宮の結婚式』を題材にお送りしておりますこちらのblog
本日はこれからお式をご検討の方、既にお式をお申し込み済みの方も気になっていらっしゃるであろう
境内でのお写真撮影の流れについてご紹介したいと思います
例としてウェディングサロン鎌倉では下記のような流れでお写真を撮影していくことが可能となっております

それではスタート

まずは境内ご到着後、大定番の太鼓橋
こちらでは新郎新婦様の2ショットはもちろんのこと、ご親族様のご集合写真も撮影をいたしております

続いては花嫁道中
こちらはスポットではないのですが、新郎新婦様を先頭としご両家別に列を組みお進みいただきます。
ただ歩くよりも、列を作ってお歩きいただく事でとても画になり、
自然体なお写真を残すことができるんですよ

お次に向かいますのは境内奥にある白旗神社
太鼓橋などに比べると格段に観光客の方々が少なく、
ゆったりとお写真撮影をお楽しみにいただける穴場スポットなのです
ご家族別のお写真撮影などもおすすめ

 その後は控室内入場
ご新郎様の誓詞記入シーンや、巫女様からの説明シーンもバッチリお写真に残しますよ
なので、ご新郎様は誓詞書き損じにご注意です!(笑)

挙式
一番重要といっても過言ではない挙式中のお写真
実は鶴岡八幡宮では殿内でのお写真撮影が禁じられておりますため、
カメラマンは舞殿周辺よりお写真撮影をさせていただいております。
四方から様々な角度でバッチリ撮影をしておりますので、ふとした時の表情にもご注意を~(笑)

挙式後舞殿前
挙式後は舞殿をバックに撮影を…
やはりこちらも画になるとても素敵なお写真スポットです。
余談ですが、ウェディングサロン鎌倉ではこちらのお写真のように
一度のお式で白無垢&色打掛両方のお衣裳でお写真を撮影することができてしまうのです…
詳しくはこちらの『花嫁御寮』をチェック

お式を終えて最後に撮影をしてまいりますのが太鼓橋裏の松の木の下
式後は綿帽子のオフがあったり、色打掛への掛替をなさるご新婦様が多いため
式前とは違った雰囲気でお写真を撮影いただくことができるのがこちらのスポットです
指輪のお写真なども合わせて撮影しておりますよ

いかがでしたか?
少しずつのご紹介でしたが、
境内には本日ご紹介した通り様々なお写真スポットがございます
一生に一度の大切なご結婚式の日、出来るだけ多く素敵なお写真や思い出を残したいですよね

お支度サロンによっても撮影をしているスポット、カット内容が多少異なりますので
まずはぜひおふたりのご希望をお聞かせください
みなさまからのお問合せ、お待ちしております