スタイリストから見た『鶴岡八幡宮結婚式の魅力』

みなさまこんにちは
スタイリストの前川です
前回に引き続き『鶴岡八幡宮の結婚式』についてご紹介します

今回はスタイリスト目線でお勧めしたいポイントをご紹介させていただきます

突然ですが、神前結婚式の花嫁さんはどんな衣裳を着るのかと聞かれるとほとんどの方が
“白無垢”をイメージされると思います。
そんな白無垢の意味やその他花嫁衣裳として用いられるものを簡単にご紹介
させていただきます

白無垢とは・・・
諸説ありますが、一番有名なのは白無垢の白には純潔嫁いだ先の色に染まる
という意味があり、最も格式の高い婚礼衣装とされてきました。
他にも白は生まれた時に着る産着や死者に着せる死装束にも使われるため
生家の娘として一度死んで、婚家の嫁として新たに誕生するという意味や
死ぬ覚悟で嫁ぐという意味も込められているそうです。
白の衣裳は室町時代末期より様々な式典や儀式に用いられてきましたが
明治以降になると花嫁衣装としてのみ白無垢が着られるようになりました。
色打掛とは・・・
挙式後に色打掛に掛け替えることがありますが、嫁いだ先の色に染まったという意味や
豪華な吉祥文様で花嫁の旅立ちと両家の繁栄を願うという意味もあるそうです。
黒引き振袖とは・・・
黒には他の誰にも染まらないという意味が込められており、元々おめでたい時には
黒を着るのが昔からの風習だったそうで、今でも男性の第一礼装は黒紋付き袴ですし
既婚女性の第一礼装である黒留袖も黒ですよね!
白無垢よりも歴史は古く、かつて武家の婚礼衣装として使われ、江戸時代後期から
昭和初期までは一般的な花嫁衣裳だったそうです。

そして花嫁衣装で欠かせないのが綿帽子や角隠し。
角隠しとは・・・
嫁入りするにあたって怒りを象徴する角を隠し、従順でしとやかな妻となることを示したり
かつて女性は嫉妬に狂うと鬼になると言われていたため、鬼になることを防ぐための
おまじないとも言われています。
綿帽子とは・・・
ドレスのベールと同じく、挙式が済むまでご新郎様以外にはお顔お見せないように
という意味があり、初々しさや奥ゆかしさの象徴となっています。
室町時代後期以降、女性が外出する際の埃除けや防寒具として普段使いされていたそうで
それが現代にも残り、婚礼に用いられるようになったそうです。
綿帽子は白無垢にのみ合わせることができますが、角隠しは色打掛や引き振袖にも
合せることができます。

少し堅苦しい話となりましたが、お衣裳の意味を知っていると白無垢だけではなく
色打掛も着てみたいという気持ちになりませんか?
そしてせっかく鶴岡八幡宮で挙式をするのであれば色々なバリエーションで
お写真を残したいですよね!
そんな願いを叶えられるのがわたしたちウェディングサロン鎌倉です!
挙式の際は綿帽子や角隠しをつけていますが、挙式後に綿帽子や角隠しをお外ししたお姿
お写真を残して頂くことができます!
この瞬間は見ているゲストや参拝客の方からも「おー」と歓声が上がります!
更に、挙式後に白無垢から色打掛へとお衣裳のお召し替えもしていただけるのです!
これができるのはウェディングサロン鎌倉のみです。
白無垢から色打掛へのチェンジはほんの2~3分でできるので白無垢だけでなく
色打掛でも舞殿前でのお写真を撮ることができます!
更に更に、ドレスも着たい!という方は披露宴からドレスをお召し頂くこともでき、
当サロンでドレスのお支度から披露宴のお写真撮影まで全てさせていただけますので
プランナーまでご相談ください!
少々脱線してしまいましたが、一生に一度の結婚式を鶴岡八幡宮で挙げられるのであれば
日本の結婚式の歴史や意味を感じられるお衣裳をお召しになってはいかがでしょうか?
お衣裳の試着やおかつら合わせはいつでも可能ですので是非お気軽にお問い合わせください!
みなさまにお会いできる日を楽しみにしております
本日もお読みいただきありがとうございました